ご相談の多い
疾患
 

生理不順、生理痛、月経前症候群(PMS)などがご相談の多いトラブルです。
漢方薬でこれらに対処する場合、特に病名で区別してお薬を選ぶことはありません。基本的に、生理のトラブルを引き起こす原因は、「子宮への栄養供給不足」で、必要な物質(気血水)が根本的に不足している、物質はあるが血や気の流れが悪いために子宮に十分流れていない、などです。
不足している物質や機能を補い、流れの止まっているものは流す、これが漢方での治療の基本になります。
更に、痛みが非常に強い、出血が非常に多い、生理前に肌のトラブルがある、など特に解決しないとつらい症状があれば、その部分を強化するお薬を必要に応じて選びます。

子宮内膜症、子宮筋腫、排卵障害などの病気があって、それが原因で生理痛や生理不順などを起こしている場合も少なくありません(これらについては不妊のページを参照してください)。若かったり、妊娠を考えていないと、我慢してすごしてしまったり、「生理痛は普通」と誤解している方を大勢みかけますがとんでもないことです。苦痛や不安を感じたら、なるべく婦人科を受診して下さい。漢方薬での治療は、現在の状態をしっかり見極めてからでも遅くはありません。「まずは漢方薬で様子を見てから」と言う方のご相談もお受けしますが、なるべくなら受診されることをお勧めします。

具体的には、個々の問診に応じる形なのですが、さわりだけご紹介します。参考にしてみてください。

原因 お薬の例/典型的な症状
血の不足(血虚) 当帰養血精、トウシャンS、シモツ、参茸補血丸
 

月経血が少ない、生理中だるい・眠い
立ちくらみ、貧血がある、血色が悪い、乾燥肌、冷える、疲れやすい、など

気の不足(気虚) キュウキイン、ホエキンS
 

消化管の働きが弱い、疲れやすい、気分がふさぐ、やる気が出ない、など

ホルモン不足(腎虚) ロクミナール、ジンエイト、牛車腎気丸、海馬補腎丸、参茸補血丸
 

基礎体温表がきれいな2層にならない、高温期の体温が低い頻尿または乏尿、足腰が疲れやすい、むくみやすいなど

血のめぐりが悪い(お血) 血府逐お丸、冠源活血丸、ケイブック、セッショイン、トーガック
 

月経血に血の塊がまざる、生理痛が強い
肩こり、頭痛、冷え、のぼせる、目の下にクマが出来やすい

気のめぐりが悪い(気滞) カミセーヌ、星火逍遥丸
 

生理前にイライラ・気分の浮き沈みが激しくなる・胸が張るなどの不快な症状が決まって出る。生理痛はきついときも軽いときもある
普段胸焼け、腹部膨満感を起こしやすい、ストレスが強い、など

ほとんどの方は、いくつかの原因を併せ持っています。

例えば、「血流が悪い」とは自覚していても、血液不足には気付いていないケース。ないものを流そうとすると、体には負担がかかります。ガソリンがない車を走らせることはできませんね。この場合には、血を増やす・流す、のどちらもが必要です。

また、多忙だったりストレスが強いと血流が悪くなります。その場合には、お血を解消する「活血薬」だけでなく、ストレスに関連の深い「肝」の機能を助けなければなりません。
多忙で気や血を消耗しているにも関わらず、「自分は元気」と思い込んでいる方。やはり「肝」の機能を高め、気血を補わなければなりません。

上で紹介したお薬は、錠剤、丸剤、シロップタイプなどでとても飲みやすく、初めてでも手軽にご服用できると思います。

もっとディープに漢方を味わいたいと言う方はぜひ煎じ薬にチャレンジしてみてください。一人一人に合わせた煎じ薬をお作りします。


婦人科系の薬についてはコチラ
トップ>>